HYUGA.com

宮崎県日向市のいろいろ

日向市についての紹介

f:id:onetco1016:20160717110952j:plain

宮崎県日向市についての紹介です。日向市の人口は約6万人で、降水量が多く、日照時間に関しても全国でトップクラスのまちです。

 

www.city.hyuga.miyazaki.jp

日向市は1951年に誕生しました。始めは富島町、岩脇村が合併したまちでしたが、のちに美々津町、東郷町を編入し、現在に至っています。一揆(山陰・坪谷村一揆 - Wikipedia)を経て天領の地になった経緯などから、宮崎県の中でも特殊な歴史を持っています。また、神武天皇が東征したお船出伝説の残る場所でもあります。
 

日向市は宮崎県の北東部に位置しています。宮崎空港から北上し、特急電車で約一時間、車で約一時間半の場所です。

サーフィン
古くからサーフィンのメッカとして人気のまちです。温暖な気候とリアス式の複雑な海岸が生み出す良質な波によって、日本でも有数の地となっています。
ひょっとこ
ひょっとこ踊りが全国的にも有名です。毎年、8月初旬に開催される「日向ひょっとこ夏祭り」には全国各地から踊り手が集結し、熱い踊りを繰り広げます。

産品

平兵衛酢(へべす、へべず)
平兵衛酢(へべす、へべず)は柑橘類の果実で、爽やかな酸味が特徴です。突然変異で生まれた平兵衛酢(へべす、へべず)はそのほとんどが日向市でしか生産されない果実で、日向市民なら知らない人はいないでしょう。
 
はまぐり碁石
日向市は、はまぐりを素材とした碁石の生産が盛んです。高いものでは車が買えるほど高額なものもあり、囲碁ファンにはたまらないものだと思います。
 
以上、 「宮崎県日向市についての紹介」でした。